項目銀河機攻隊マジェスティックプリンス(2013年9月終了/2016年劇場版公開)に対するコメントです。

  • 劇場版、最高に『ザンネン』でした! 主役はアサギでMVPはアンジュといった所でしょうか。イズル一人でジアートを抑えなければならなかったTVシリーズへの『答え』を出した物語でもあったかな、と
  • 劇場版のPVが公開されましたがかっこいい総力戦な上に完全にアサギが覚醒して主人公ですね。ただアンジュの怒りと哀しさのこもった叫びや、モニターに一瞬映る文字が不穏なことに…
  • 劇場決定とのこと!本音をいえばテレビでみたかったですが嬉しいです!
  • (続き)スパロボに出れれば間違いなくドーベルマン生存ルートあるでしょうけど、このコメントを知ると「2人を助けたいけど助けたくない」というジレンマがw 因みに、やっぱりというかランディはチャンドラを守り抜いて且つ自分も生き残る1%の可能性に賭けて最後まで諦めていなかったそうです。それがあの最期だったと
  • ガイドブック>ドーベルマンの最後を仕上げた後、監督は「本当にこれで良かったのか?」と物凄く悩んだそうです。でも、2人の死がないとラビッツが生死を実感できないままラストバトル突入するので、それだけはしたくなかったと。あの悲劇があったからこそ仲間を大切に想って最後の戦いに臨めたとコメントされてました
  • 公式ガイドブックが先日発売されたので購入したのですが、情報盛りだくさんで面白かったです。アサギ→ケイ→イズルだったりテオさんがシモンを愛してたりとちょっと驚き。物語のヒロインポジがアサギにかっさわれたで笑いました。みなさんのコメントも愛に溢れててホントよい作品だったなぁと。応援すれば続編も?
  • 雑誌の監督インタビュー特集が色々細かい所に言及されていて非常に興味深いものでした。二期に関しては是非やりたいそうで、何より「ウルガルは必ずまた攻めてくる」…ウルガル側の退場者の線引きは「欲望に忠実過ぎた人」だったとのことですが、逆に言えば今度は理性と欲望の調和が取れてる強敵揃い…
  • 16話はイズルの人格が変容したと思ったらケイのケーキに殺されかけて元通り、という文字で書くとなんじゃこらな話でした、コラボはなぜかJAのブドウ販売でした、ちょっと凍らせれば美味しいですけど何故にブドウ…説明不足すみません
  • 相葉くんの演技、すごかったですねぇ。ちゃんと人格が変わっているのがわかりましたし、叫びもよかった。テニミュで不二をやってたときから知っているのでなんだか感慨深いです。これからは声優と俳優の二足のわらじでいくのでしょうかね。
  • すいません15話でした。しかしこのアニメはコラボが謎だったなあ
  • 配信でRED5がケイにつっけんどんな態度なのはケーキで殺されかけたから、というコメントをみてすごく納得しました。そういやそうだった。そして何度読んでも16話のあらすじはおかしい
  • 覚醒中の「酷い…」に噴き出しました。明かされてない秘密どころかこの期に及んで新たな謎も増えましたし、これはもう第二期か映画やるしかないでしょうか。ジアートは多分仮面つけて出てくるでしょうけどw しかし、まともな会話が一度も無いのにここまで強大なライバル描写は初めて見ました
  • ここまでファンを生殺しにするような最終回は始めてです。これは続編作らないと、いつまでもザンネンな感じが燻り続けますよ(笑!!
  • 公式で名場面投票をやってる・・・と思ったらもう終わっちゃてました。になになさんだとどのシーンでしょうか?私はやはり19話のランディ特攻、ネタ枠ではアサギスペシャルでしょうか。
  • 2話だったかマジェプリの言葉を司令が「畏れ多い」と言ってた意味も今となっては理解できますね。放映当初はこれは…と思ってたタマキとイズルが一番好きなキャラになったり鈴木千尋のカマボイスが癖になったりしたマジェプリももう終わり、さみしい
  • イズルの告白シーンは感動しました。1話では天然ボケなだけだったイズルが自分の意志を持ち、みんなを守りたいと思うようになったことがうれしいです。イズルならきっと大丈夫、と根拠はないけれど、そう思います。イズルならみんなを守れますよ。
  • アサギは大丈夫か・・・?!とハラハラしながら見ていました。アンカー打ったときにずどんを撃たれるかと思いましたよ。あと今回もスルガが大活躍。タマキも仇が討てましたし、ルティエルの最後も潔かった。敵幹部にも魅力があっていい作品だなぁと再確認しました。
  • イwズwルwwペコさんにリード結ばれエプロン給仕係が無駄に似合いすぎます。アンジュ(黒6)も何やかやとコンビネーションとれるようになりましたねぇ
  • チームドーベルマンの追悼ラジオを聞いたのですが声優さんも彼らの死亡フラグに対して気にしていたのが面白かったです。やっぱみんな思ってたんですね。チャンドラも作戦に参加するようなので、そこで一矢報いるのかどうか。とりあえず今はアサギが心配です。そんな律儀にフラグをたてなくても。。
  • どんな結末を迎えるにせよ、6人全員無事に帰還することだけをひたすら祈ってます。
  • アサギとイズルの会話可愛かったです。大切な人に言い残すフラグは死亡フラグなので怖いですね・・・。あとラビッツのなかでスルガが一番ナイーブそうなので誰か相談にのってあげてくれないかなと思いました。願わくばEDの光が消えてしまわないように。
  • 全員同じ遺伝子・・・とは思いたくないですねぇ。イズルはまだしもケイ、アサギが可哀想です。同じ遺伝子使って欠陥がでたら大変なのでそのリスクを避けるために色々な遺伝子を使ってるんじゃないでしょうか。どの組み合わせが一番いいとか。
  • どうなるかわかりませんが、「セカンドシーズンを製作検討中」だそうですよ! 例え決定するにしてもこれだけ丁寧な作品造りなら1期は1期できちんと終わらせるでしょうし、少なくても最近ありがちなブツ切りクリフハンガーはないでしょうか
  • 死にそうで死なないキャラでいくかな、と思っていた時期がありました。いや、死ぬにしても一番死ななそうな一人だけが死ぬとか…最悪な事態が起きてもその程度じゃないかって思ってたんですよ。それがこんなことになるとは… 是非ともチャンドラーには仇を討って欲しいけど、二人の後を追ってしまいそうで怖くもあります。
  • コミケのおまけイラストでにやにやしてた所だったので余計に…ランディ先輩いい笑顔だったなぁ
  • 前期OPがはいるタイミングがもう、悲しかったです。EDもさらに追い討ちをかけてきて。キャラが死んでこんな気持ちになったの久し振りです。ラビッツはぜひ生き抜いてほしいです。不穏な雰囲気はありますが。
  • 来週はアサギメインなようで。アサギはどうやらケイを気にしてるっぽいのでその辺りをはっきりさせてほしいなぁと。テオさんがいるのでワンチャンあると思うのですが。やっぱりロリルートなのかな・・・EDの手つなぎはイズルとケイっぽいような。
  • アッシュにも人格があるという説明があったので、今回のイズルはアッシュの人格だと思ってたのですが、↓の方の予想見てその可能性もありだな、と目から鱗が落ちました。後は、イズルがなくした人格や記憶をアッシュが有している可能性もありますか。
  • あのイケイズルはもしかしたら記憶をなくすまえのイズルかもしれませんね。だからケイのケーキを食べて今のイズルに戻れたのかと。この頃のアニメはロボにのると不死身になったり同化したりイノベーターになったりスゴいですね。
  • アマネ“大佐”に爆笑しましたw異例の人事スピード(笑)
  • 問題は山積みですけど、もうアンジュがラビッツにいる姿にそれほど違和感を感じなくなってちょっと驚き。スーパー戦隊だと6人目は馴染むまで少しかかるものですけど、二重人格より性別を気にする脳天気なメンバーだからこそショックアブソーバーになって視聴してる側としても受け入れられたといいますか
  • 続き>でそんなの思い出しながら14話みてるとウワーウワァぁとなりましたイズル進化>皇子も進化ー!は想像できませんでしたが、テオリアさん意図的に情報操作してる感じだし見えない所では不穏なアニメですよね、これ
  • ラノベの件は川上稔氏の「閉鎖都市巴里」です、すいません…あの小説の強い騎師たちはおっさんばっか、で前述の進化方法も人生重ねた人ほど起動しやすいもので、若い人がやっても想像力不足諸々で起動できないのがほとんどという代物でした
  • 1話のイズルは周りから「お前キャラ違う」って突っ込まれてたんで…ってやっぱり伏線だったんかい! あんな長時間凄い動きをするとは思わなかった。ブラック6を軽くあしらうジアートと、イズルが互角に渡り合ったのは燃えました。しかし白ラクス様に上手いことノせられているようにも見えてしまう
  • すいません間違えました
  • ちなみにその
  • 新OPとcdパケ絵の赤5見てると昔のラノベの設定で感情をコントロールすることで騎乗ロボ以上の別の存在に進化する、けれど間違うと騎乗者ごと化け物に変換しちゃう、というのを思い出しました
  • アンジュ>漫画の評価を一応ちゃんと読んで下したあたり、凶暴モードでも割と親切で真面目な気がw ある意味ラビッツでは最もザンネンで、兵士としてはどうしようもなく使い物にならなそうですが…
  • やっぱり6人目は「強いけど、変な奴」でしたね! オドオドしてるのも演技ではないっぽいから、ファフナーみたいにシステムの影響でああいう感じになるのかな? イズルも最初はそういう兆候が若干見られた気もしましたし
  • 「いろんな服を着たあたし」や「一緒に服を見に行きましょう」のくだりは切なくなるも最終回への伏線になってくれればなーと思います。前回でイズルとアサギの「戦うために生まれたクローン」会話が重かっただけに、しかし全体でまったりしたギャグ回はこれで最後っぽい雰囲気ですね…
次の40件

1 2 3
全部で 81 個あります(0 - 40 番目までを表示しています)



[戻る]





- ACRWEB -