項目漫画&雑誌に対するコメントです。

  • (続き)→新技術を肯定的に描く話が好きでした。
  • そういえば、こち亀が連載終了しちゃいましたね。テレビのニュースで最初に知って驚きました。ボーカロイドやらドローンの有効活用など→
  • 確かピアノを弾いて怪虫を撃退していた様な・・・よく覚えてないですが 規制されちゃいそうですがこの作品こそ日5かもしくは名探偵コナンとセットでやって欲しいです 切実に
  • 漂流教室はめちゃくちゃ好きなんですよー 当時小学生だった時ドラマ「ロング・ラブレター漂流教室」をやっていてがっつりハマり、原作を読んだらあまりの血みどろどろどろで腰を抜かして大好きになりました 映画の方は実は私もドラマを観る前に観たような記憶があります
  • >ブリュンヒルデ レス有難うございます!原作を読んでいたとは知りませんでした 14巻まで読みましたが黒服がかなりの大物というか、手練れだったことに驚きました(パン屋の由美ちゃんて… ノノノのようにぶっ飛び過ぎた最終回にならないように願っていますw
  • >極黒のブリュンヒルデ 終電逃してネカフェに泊まった際に全巻読んだのですが面白いですね。是非アニメで見たいと今更思っていたら評判あまりよろしくないようで残念……(前後の脈絡何もない投稿でスミマセン
  • まさかのマスターキートン続巻発売。物悲しいオチも健在ですけど、キートン先生あんまり更けてないですw
  • 押切蓮介さんのハイスコアガールが著作権違反でまさかの全巻回収に。アニメ化まで決定してたのに許可取ってなかったんかいスクエニ… このまま打ち切りなんてことになると凄く残念です
  • 一番の見どころは、1stのゴップの意外な実力や、ZZの後、生き延びて軍に復帰したヤザン・ゲーブルが獰猛且つ狡猾に大活躍する事だと思ってます。作者の俺設定が多い作品は好きじゃないんですが、敵に回せば恐ろしく、味方に回せば頼もしいヤザンの魅力がたっぷり描かれていて、それだけでも満足しました。
  • 現在連載中のガンダムの外伝漫画、「ジョニー・ライデンの帰還」が結構面白いです。当時(多分)適当に設定されたMSV、ジョニー・ライデンの設定を拾いつつ、ZZと逆襲のシャアの間の話を描いてるんですが、ZZ
  • 今季はジャンプ、マガジン、チャンピオンのスポーツ漫画がアニメ化してますね。各紙の特徴(特殊能力、不良、オタク)がでていて面白いと思います。サンデーは恋愛面が強い感じですかね。経験者が作者だとなんだか安心感がでます。
  • >(結婚しよ) ニコニコ静画は普段見ないんですが、たまたま面白いのを見つけました http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3090187 「やるんだな!?今・・・ここで!」でどうしてもニヤけてしまう
  • マギ:原作スキーさんには不評気味らしいですが、初見としてはテーマが明確に絞られててわかりやすかったですね。2話の迷宮攻略とか。
  • 続き→ラブコメはいらん、情念ドロドロのバトルがじっくり読みたい、と思ってたので本格ファンタジー、しかもサンデーで連載とはすもものヒットを受けて出世なされたんだなーと。...あと腐った人々に受けるのも多分、怨念とかを書くのが上手いせいなんでしょう。嫉妬=恋煩いと変換させて。。
  • マギ作者の人:この方はやきもちとか、嫉妬とか負の感情を描くのが上手いんだな、とすもも〜を読んでた時に感じておりました。パッと見、ただのラブコメっぽく感じますが、キャラの悔しがる顔、そこに至るまでの過程をしっかり描いてあったのでこれはただの萌え作品ではないぞ、と思ったもので。→続きます
  • マギが再来週から始まりますね。番宣を見た感じだと映画かなというくらい画面が綺麗で期待が大きいです。原作は読んでないのですが、作者さんの前作(すもももももも)のバトル展開は良かったので、安心して視聴できますね。
  • パクリ漫画:戦後のストーリー漫画はたいがい手塚治虫のパクリという説(要出典)もありますし(笑)
  • ジャンプの絵…の続きです。いくえみ綾までくると「たくましいなあ、次は誰の絵柄来るんだろ」と逆に楽しみです。あとになになさんお嫌いでしょうが、矢沢あいも最初紡木たくフォロワーでした。ただああいう「普通」の少年少女ではなく、ジャージ着た工藤静香似と藤井フミヤ似でしたが(時代が!時代が!)
  • マガジン連載の「AKB49」が、少年漫画では今1番面白いんじゃないかと。最初は、ただの便乗マンガかと思ってたけど、違った。こういうスポ根マンガ無くなったよなぁ。
  • >エログロナンセンス ちょwww 桂さんのヒーロー観とコテコテな世界観は結構好きなんですが、これもベルセルクと同じで展開と連載の遅さについていけなくなってしまいました…(あっちの方は映画で個人的に再燃して少しずつ追ってますが
  • 「奇子」横溝的な手塚漫画ですね。史実とフィクションの融合も上手い。
  • >マンガ家も編集もいつまでもいつまでも終わらせないし:「編集王」のブルセラムーン状態でしょうかね。
  • 君のいる町ですが祝・アニメ化決定♪ ……………………一体どんな判断なのでしょう?(滝汗)
  • (続き)皮肉にも同じ週の同じ雑誌で、あるラブコメの主人公が初回から一貫して思い続けた先輩相手に思いを貫き通したので余計ひどさが際立ってしまったと言いますか……綺麗な絵を話で帳消しにする作者として有名なので、旧知の読者はこうなると予想していましたが、結果その予想を上回るクズっぷりだったと
  • 君のいる町>平たく言うと、主人公が元の女に戻りました。まごうことなき浮気でした。交際中の女性に「別れることなんて死んでもできん」と言った次の回で「好きな子ができたんで別れてくれ」と速攻別れを切り出したのです。かの有名な『誠』と比べてもここまで酷かったか、と思うように…
  • >「君のいる町」 ショートヘアヒロイン偏愛を続けてきた作者にしてはよくやったほうではないかと。しかし主人公は「当分、恋愛はいい」といった次の回には別の女を口説いた(口説かれた側にも責任皆無ではないですが)主人公には報いを受けさせて欲しいです。
  • 前にこちらで話題に上がった「君のいる町」ですが、今日の最新号で(予想通り)最悪以下の展開を迎えました。主人公をここまでブン殴りたくなった少年誌掲載作品もそうそうありません…
  • 罪に濡れたふたりは、少コミではなく、プチコミ(読者年齢高め)の作品ですね。フラワーコミックスは少コミも別コミもプチコミもフラワーズも同じデザインだから、紛らわしいですよね。そして雑誌連載で罪ふたを最後まで立ち読みしてました。なぜ読み始めたのかは覚えてない(笑)
  • おかざき真里さんのファンロード時代の話がでてくるとは!冬虫夏草しか持ってませんが夏の陰気な雰囲気がすごく上手いんですよね、FR時代のは。
  • →「最低でも四人の男とヤル」「弟との仲を引き裂こうとする母親に反発しながらスネカジリを続ける無職の二十歳」「性欲と生命力は並外れており14階から飛び降りて腕を折っただけ(幼馴染は主役を庇って交通事故死)」 まさにキラ・ヤマトの女版?
  • 漫画喫茶で「罪に濡れたふたり」という姉弟の近親相姦漫画を読む。リアル兄弟を持つ人には設定段階でキモイですが、内容はサカッた尻軽女が禁断の恋というシチュエーションに延々、自己陶酔する話。仮にも少女漫画の主人公が…→
  • SKET DANCE 賞を取るまで、何か真面目にストリートダンスで頂点を目指したりする話って思ってましたな・・・(笑)(▲SKET DANCE)
  • 地形や利用できるものを活かし、戦略を立てる……最近のブレイクブレイドのことですね分かります!という訳で、原作は是非ともおススメしたいです。(もう読んでいたら、すいません
  • 君町以外でもマガジンは「グッドエンディング」も、これまたメンドーなメインヒロインを持ち上げる為に他のヒロインが次々に貶められるという嫁の魂の親戚風味で……そういえばマガジンは監督対談とか作家イラストとか当時デス種と提携してたので何か繋がりが?(んなわきゃない)
  • 「君町」の作者、「ラブソング」読んでたかもですね。「主人公をショートヘアのヒロインといちゃつかせる」を前提として思いついたシチュエーションを描くためストーリーを動かす奴。「」部分を「キラをカッコよく描く」に置き換えると、まんま両澤。
  • 君のいる町>ウィキペディア調べてもよくわからないのはある意味当然かな、と。なんせ連載読んでる者ですらよくわからない、理解しがたい展開が殆どなので(笑) 因みに明日香というのが第2部ヒロインです
  • >「君のいる町」 いえ、私は第一部ヒロインこそシンだと考えています。瀬尾氏の過去作品を見ると作者が病的なショートカットヒロイン好き(このため前作の涼風は作中神だった)と分かります。ロングヘアは途中で描くのが嫌になり無理矢理、嫌われ者にして作品から追い出したのです。
  • 瀬尾氏の次回作…「君のいる町」ですねぇ。明らかに今後第1部ヒロインが復帰して全部持ってくのが見え見えでそれがまた……そうか、トンデモ展開とはいえ第2部ヒロインに対して感じていたこの気持ちはシンに対してのと同じだったのか(第1部ヒロインの好感度が既に最悪以下なのも手伝って)
  • マガジン漫画家の瀬尾氏(「涼風」の作者)は両澤と魂の親戚だと思ってたら本当にそうでした。メインヒロイン=作中神の次回作はメインヒロイン交代劇って種の流れそのまんま。
  • バクマンを読んでふと思ったのですが、最近マガジンにのってる恋愛漫画がことごとく寝取られ系かつ理解に苦しむ展開になってるのは編集部のマゾヒスティックな趣味だったり?(笑) いや、大半は作家性なのでしょうけれどね…一番まっとうに恋愛描写してるのがVSテロリストな作品というのはどうしたものか
次の40件

1 2
全部で 64 個あります(0 - 40 番目までを表示しています)



[戻る]





- ACRWEB -