[戻る] [携帯向け] [QRコード]
第5回新刊グランプリ!51〜100


第4回に引き続き第5回新刊グランプリの投票を開始します。(発売日2005年12月〜2006年5月、直木賞の期間に合わせてます。)
例外として面白そうな11月発売の作品を4作品エントリーさせていただきました。

半期ごとにグランプリを決めたく思います。
なお、エントリー作品は)90〜100作品(毎月約10〜25タイトル)管理人が決めさせていただきます(フィクションに限定)

投票は2006年8月末2006年9月15日9月30日迄行います。(最終発売日より4ヶ月後)5作品以上投票いただけた方にさらにベスト3を加点いただいて(各15、10、5点ずつ加点)2006年10月初めにグランプリを発表します。

読まれた作品の採点を投票形式でしていただけたら嬉しく思います。
初投票の際は必ずHNを記入してください。(2回目以降リストから自分の名前を選んでください)
合計100名まで参加いただけます。
重複・イタズラ投票を避けるためにもしない場合は削除させていただきます。

たくさんご投票いただいた方へのお礼として、40票以上ご投票いただいた方(先着5名様まで)、ささやかながら文庫本用皮革調ブックカバーをプレゼントさせていただきます(6/7追記)
ご意見や入力ミスが出たときは掲示板に書き込んで下さい。 最終結果はこちらです。

ご参加人数 現在67名

ゆこりんかいくん、カニヘンタロウ、聖月ゆうゆか、直斗、トラキチまなみかん
むつぞー、ネクラネコ、chiekoa、あさみ、ちょろいもRoko翔ママユミたりぃ、miwa
ざれこなほまる七生子ゆうきjuneよし、テクノ、☆すぅ☆
shortぱんどらすきま風アリス由松あおちゃんじゅんじ、みほ、ゆり、moco
みさりん、空蝉ERIEKKO、きくみ、マリりーふい上州あられ小葉リサ
るな、す〜さん、Yama、板栗香、リンゴ、リュリ、ウィン、ロニママ、hiroko、かえで
だれだれ、らずむっち、浅緋、ゆう、トラボル太、エビノート、マサヲ
活字中毒日記へ

第1回最終ランキングはこちら
第2回最終ランキングはこちら
第3回最終ランキングはこちら
第4回最終ランキングはこちら

2006/5/1〜
1〜50のご投票はこちら
この投票は2006/09/30-23:59:59で締め切られました。
順位項目名コメント票数グラフ
1『終末のフール』 伊坂幸太郎 (集英社) <3月発売作品>コメント27
2『チョコレートコスモス』 恩田陸 (毎日新聞社) <3月発売作品>コメント25
3『強運の持ち主』 瀬尾まいこ (文藝春秋) <5月発売作品>コメント23
4『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋) <3月発売作品>コメント21
5『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 (祥伝社ノン・ノベル) <5月発売作品>コメント20
6『町長選挙』 奥田英朗 (文藝春秋) <4月発売作品>コメント19
7『雪屋のロッスさん』 いしいしんじ (メディアファクトリー) <2月発売作品>コメント18
8『陰日向に咲く』 劇団ひとり (幻冬舎) <1月発売作品>コメント14
9『東京バンドワゴン』 小路幸也 (集英社) <4月発売作品>コメント12
9『ミーナの行進』 小川洋子 (中央公論新社) <4月発売作品>コメント12
11『押入れのちよ』 荻原浩 (新潮社) <5月発売作品>コメント10
12『夜の朝顔』 豊島ミホ (集英社) <4月発売作品>コメント8
12『ママの狙撃銃』 荻原浩 (双葉社) <3月発売作品>コメント8
12『陽の子雨の子』 豊島ミホ (講談社) <3月発売作品>コメント8
12『七姫幻想』 森谷明子 (双葉社) <2月発売作品>コメント8
16『愚行録』 貫井徳朗 (東京創元社) <3月発売作品>コメント7
16『夜の公園』 川上弘美 (中央公論新社) <4月発売作品>コメント7
18『女たちは二度遊ぶ』 吉田修一 (角川書店) <3月発売作品>コメント6
18『流れ星が消えないうちに』 橋本紡 (新潮社) <2月発売作品>コメント6
18『男は敵、女はもっと敵』 山本幸久 (マガジンハウス) <2月発売作品>コメント6
18『銀河のワールドカップ』 川端裕人 (集英社) <4月発売作品>コメント6
22『ドリームバスター3』 宮部みゆき (徳間書店) <3月発売作品>コメント5
23『チョコレートビースト −インディゴの夜』 加藤実秋 (東京創元社) <4月発売作品>コメント4
23『ゴールデンタイム』 山田宗樹 (幻冬舎) <5月発売作品>コメント4
23『SOKKI!』 秦建日子 (講談社) <4月発売作品>コメント4
23『チェケラッチョ!!』 秦建日子 (講談社) <2月発売作品>コメント4
23『紙魚家崩壊 九つの謎』 北村薫 (講談社) <3月発売作品>コメント4
28『もしも、私があなただったら』 白石一文 (光文社) <4月発売作品>コメント3
28『象の背中』 秋元康 (産経新聞出版) <4月発売作品>コメント3
28『イルカ』 よしもとばなな (文藝春秋) <3月発売作品>コメント3
28『Op.ローズダスト(上・下)』 福井晴敏 (文藝春秋) <3月発売作品>コメント3
28『いつか愛になるなら』 前川麻子 (角川書店) <3月発売作品>コメント3
28『25時のイヴたち』 明野照葉 (実業之日本社) <3月発売作品>コメント3
28『ぼくのメジャースプーン』 辻村深月 (講談社ノベルズ) <4月発売作品>コメント3
28『忘れないと誓ったぼくがいた』 平山瑞穂 (新潮社) <2月発売作品>コメント3
36『夕子ちゃんの近道』 長島有 (新潮社) <4月発売作品>コメント2
36『無痛』 久坂部羊 (幻冬舎) <4月発売作品>コメント2
36『ルート350』 古川日出男 (講談社) <4月発売作品>コメント2
36『黒い太陽』 新堂冬樹 (祥伝社) <3月発売作品>コメント2
36『眠れぬ真珠』 石田衣良 (新潮社) <4月発売作品>コメント2
36『三日月が円くなるまで』 宇江佐真理 (角川書店) <4月発売作品>コメント2
36『ウルトラダラー』 手嶋竜一 (新潮社) <3月発売作品>コメント2
36『ア・ハッピーファミリー』 黒野伸一 (小学館) <5月発売作品>コメント2
44『ゆりかごで眠れ』 垣根涼介 (中央公論新社) <4月発売作品>コメント1
44『恋はさじ加減』 平安寿子 (新潮社) <3月発売作品>コメント1
44『地に埋もれて』 あさのあつこ (講談社) <3月発売作品>コメント1
47『空をつかむまで』 関口尚 (集英社) <4月発売作品>コメント0
47『トーキョー・バビロン』 馳星周 (双葉社) <4月発売作品>コメント0
47『栄光なき凱旋(上・下)』 真保裕一 (小学館) <4月発売作品>コメント0
47『スパイ大作戦』 室積光 (双葉社) <4月発売作品>コメント0
投票数は全部で339票です
最近のコメント20件です。

  • 『東京バンドワゴン』 小路幸也 (集英社) <4月発売作品>-->いろんな人にすすめたくなる小説でした。( ★★★★☆(9点) まな 3〜4冊 )
  • 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋) <3月発売作品>-->喫煙シーンがあまりに多いのが変に気になって集中できませんでした。( ★★★☆☆(8点) まな 10冊以上 )
  • 『象の背中』 秋元康 (産経新聞出版) <4月発売作品>-->好きに生きるぞ( ★★★☆☆(8点) カニヘンタロウ 2冊 )
  • 『ウルトラダラー』 手嶋竜一 (新潮社) <3月発売作品>-->著者の経歴と相まってどこまでがフィクションか解らなくなるような作品になっています。しかし、このラストはいただけませんね。( ★★★☆☆(8点) たりぃ 1冊 )
  • 『イルカ』 よしもとばなな (文藝春秋) <3月発売作品>-->きれいな作品ではあるけれど、好みではありませんでした。( ★★☆☆☆(6点) ゆか 10冊以上 )
  • 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋) <3月発売作品>-->ちょーおもしろかっこよかった!( ★★★★★(10点) リュリ 1冊 )
  • 『七姫幻想』 森谷明子 (双葉社) <2月発売作品>-->古典をちゃんと勉強しなかったことが悔やまれます。でも面白かった。( ★★★★☆(9点) 小葉 3〜4冊 )
  • 『男は敵、女はもっと敵』 山本幸久 (マガジンハウス) <2月発売作品>-->山本幸久作品なら、他の作品たちのほうが、圧倒的に好きです。( ★★☆☆☆(6点) ゆうき 5〜9冊 )
  • 『夜の朝顔』 豊島ミホ (集英社) <4月発売作品>-->型どおりに描かれることの多い小学生時代というものを、こんな風にざらざらと痛々しく描いてしまう、その感性に期待大です。( ★★★☆☆(8点) ゆうき 5〜9冊 )
  • 『愚行録』 貫井徳朗 (東京創元社) <3月発売作品>-->この本も悪くはなかったけど、貫井さんの同系列の他の作品に比べると、底が浅い気がしてしまいました。( ★★☆☆☆(6点) ゆうき 10冊以上 )
  • 『押入れのちよ』 荻原浩 (新潮社) <5月発売作品>-->全体としては普通でしたけど、「押入れのちよ」が好き。長編にしてほしかった!( ★★★☆☆(8点) ゆうき 10冊以上 )
  • 『ミーナの行進』 小川洋子 (中央公論新社) <4月発売作品>-->やはり挿絵が最高でした。買ってずっと手元に置いておきたい本です。( ★★★★☆(9点) ゆうき 5〜9冊 )
  • 『町長選挙』 奥田英朗 (文藝春秋) <4月発売作品>-->「町長選挙」は面白かった( ★★☆☆☆(6点) ゆうき 1冊 )
  • 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋) <3月発売作品>-->BLだ・・・。でも面白いし、キャラはかっこいいし、いいんです。10点をあげられないのは、直木賞を取ったから。( ★★★★☆(9点) ゆうき 5〜9冊 )
  • 『紙魚家崩壊 九つの謎』 北村薫 (講談社) <3月発売作品>-->初期短編集のためか、イマイチ。しかし「サイコロ、コロコロ」と新作の「新釈おとぎばなし」の出来はいい。( ★★☆☆☆(6点) ウィン 1冊 )
  • 『ミーナの行進』 小川洋子 (中央公論新社) <4月発売作品>-->心温まるとてもすてきな作品でした。( ★★★★☆(9点) ゆこりん 3〜4冊 )
  • 『チェケラッチョ!!』 秦建日子 (講談社) <2月発売作品>-->明るくさわやかな沖縄青春ストーリー。本に鼻を近づけると沖縄の海の匂いがしてきそう。( ★★★☆☆(8点) らずむっち 1冊 )
  • 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋) <3月発売作品>-->脱サラ組には何かある( ★★★★★(10点) カニヘンタロウ 2冊 )
  • 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋) <3月発売作品>-->軽妙な会話とは裏腹に明かされない謎のアンバランスさになんとも言えない雰囲気を感じました。( ★★★☆☆(8点) ユミ 3〜4冊 )
  • 『女たちは二度遊ぶ』 吉田修一 (角川書店) <3月発売作品>-->嫌な女ばかりなのに、不快感なくよめました。吉田さん凄いです!!( ★★★★☆(9点) ゆう(かみさまの贈り物) 3〜4冊 )




[管理用]

- ACRWEB -